文字サイズ
禁煙外来

禁煙外来

専門外来紹介

一緒に禁煙を頑張ってみませんか?

最近、値上げ続きで出費がかさむ、子供が出来た、自身や家族の健康が気になってきた。
タバコを止めようと思う機会やきっかけというのは些細な事であり決して少なくありません。しかし、止めようと思ってもなかなか止められないものです。

当院では上記のような“禁煙したいが出来ない”“タバコを吸うのが止められない”
といった症状を治療するため禁煙外来を設けています。治療内容は日本循環器学会より公開されている「禁煙治療のための標準手順書」に則って行われ、計画的な受診が必要となります。
まず初めに、禁煙治療の対象となる患者様かどうかいくつかの質問に答えて頂きます。
そこで治療の対象と判断された場合、保険診療での禁煙治療受ける事が可能になります。
※保険診療の対象外の場合、自費での禁煙治療は行っておりません

治療計画

初診

  1. 喫煙状況、禁煙の準備性、TDSによる評価結果の確認
  2. 喫煙状況とニコチン摂取量の客観的評価と結果説明(呼気一酸化炭素濃度測定等)
  3. 禁煙開始日の決定
  4. 禁煙にあたっての問題点の把握とアドバイス
  5. 禁煙補助薬(ニコチン製剤またはバレニクリン)の選択と説明

再診 初診日から2、4、8、12週間後(計4回)

  1. 喫煙(禁煙)状況や離脱症状に関する問診
  2. 喫煙状況とニコチン摂取量の客観的なモニタリングと結果説明(呼気一酸化炭素濃度測定等)
  3. 禁煙継続にあたっての問題点の把握とアドバイス
  4. 禁煙補助薬(ニコチン製剤またはバレニクリン)の選択と説明

費用(例)

診察費

1割 3割
初回
(初診料、ニコチン依存症管理料、処方せん料)
約700円 約2,000円
2~5回目(1回につき)
(再診料、ニコチン依存症管理料、処方せん料)
約300円 約1,200円

お薬代(薬局でのお支払い)

1割 3割
ニコチンパッチ(貼付剤)
※1~5回分全て合わせて
約2,500円 約7,500円
バレニクリン(内服薬)
※1~5回分全て合わせて
約4,700円 約14,000円
  • 必ずしも薬による治療を行うとは限りません。治療方法は担当医と相談の上医師の指示に従ってください。
  • 「禁煙治療のための標準手順書第8.1版」より一部抜粋

外来表

令和6年6月15日現在

午前診療

午後診療時間:9:00-12:00 
受付時間:8:00-12:00

禁煙外来 - - -

午後診療

午後診療時間:14:00-17:00 
受付時間:13:30-17:00

禁煙外来 - - -
  • 受付時間は曜日によって異なる場合がありますので、事前にお問い合わせください。