文字サイズ
物忘れ外来

物忘れ外来

専門外来紹介

高齢社会の到来とともに認知症(もの忘れが主な症状)にかかる方は急速に増えています。

加齢とともに認知機能が徐々に衰えていくのはよくあることです。覚えていたはずのことが思い出せなかったりすることで戸惑う方は少なくありません。ただ、認知症診療の専門医療機関はまだ数が限られており、また精神科が認知症診療を行っている場合は、受診をためらわれることも少なくありません。

これらの現状から当クリニックでは、皆様が受診しやすいように地域に密着した内科の診療所として、認知症(もの忘れ)診療を行うために「もの忘れ外来」を開設しています。

認知症だと診断されてしまうのが怖いと思われる方もおられますが、認知症は適切な治療で進行を緩やかにすることもできます。また警察で免許更新時の検査でひっかっかって、精密検査が必要になった場合も受診して頂けます。

「認知症かも?」と不安になったときには思い悩まずにご来院ください。

認知症について

認知症の症状

人は年齢を重ねると、誰でももの忘れをします。

しかし、老化によるもの忘れは体験の一部を忘れるだけ(食事をしたことは覚えているが、何を食べたか覚えていない)なのに対して、認知症によるもの忘れでは体験の全部を忘れる(食事をしたこと自体を覚えていない)など、大きな違いがあります。

また、老化によるもの忘れは日常生活に支障がなく、ゆっくり進むのに対して、認知症のもの忘れは比較的速く進行し日常生活に支障を来し、誰かの介助が必要になります。しかし、特に早期のもの忘れでは、老化によるものか認知症によるものかを見分けることは非常に難しいです。

もしご本人やご家族で次の様な症状が気になる方はもの忘れ外来を受診することをお薦めします。

  • もの忘れなどの記憶障害
  • 判断力の低下
  • 見当識障害(今日が何月何日なのか、どこにいるのかがわからなくなる状態)
  • 上記の症状に加えて妄想や幻覚、不安、徘徊など

検査について

認知症の検査ではまず問診やテストで認知機能を評価します。

問診では、原則、付き添いで来られたご家族(普段一緒に生活している人)に、いつ頃からどのようなことでおかしいと思われたのか、現在困っていることは何か、何を介助しないといけないのかなどの聞き取りをします。頭部にケガをしたことがある方は外傷が原因の場合もありますので確認します。

心理検査では記憶力、見当識、計算力、実行力などを確認するため、いろいろな質問や、実際に紙に記入したりして、脳の働きを確認します。当院では専門の資格を持った心理士が検査を行います。

もし心理テストで認知機能の低下が疑われる場合は、その原因を検索し、認知症の診断をするために、血液、脳の画像検査などを行います。

診断がつけばどのような治療を行うか決まります。また自宅での生活状況を確認し、生活自立度、生活上の問題、介護負担度、を判断して適切な介護福祉サービスを利用して頂けるように適切な助言を行います。

治療について

認知症と診断されても、進んでしまった記憶障害や判断力の低下を元に戻す治療法はない場合が多いのが現状です。ただし、アルツハイマー病などの一部の認知症では進行を遅らせる薬があります。また認知症の症状の中には、薬で治療することができるものもあります。そのほか、正常圧水頭症や慢性硬膜下血腫など特定の病気が原因で認知症が起きている場合は、手術などで治療できることがあります。

認知症は本人の病気により、介護者に負担がかかる病気です。そのためできるだけ、本人の残っている身体や精神の機能をできるだけ維持し、生活の質を高く保つことを目的に介護やケア、リハビリを利用することも重要です。

アミロイドPET検査について

さらに先進的な検査として、弘道会グループの都島PET画像診断クリニックとの連携により「アミロイドPET検査」を受けていただくことも可能です(実際の撮影には種々の条件がありますので、ご注意ください)。
※アミロイドPET検査とは脳に蓄積されたアミロイドβ蛋白(アルツハイマー型認知症の原因)を画像化するPET検査です。

連携する医療機関

都島PET画像診断クリニック

午後診療

午後診療時間:14:00-17:00 
受付時間:13:30-17:00

令和6年4月1日現在

右にスクロールしてください
診療科目
- 嶋田 - 嶋田 - -
  • 神経内科の受付は16:00までとなっております。
  • 受付時間は曜日によって異なる場合がありますので、事前にお問い合わせください。
  • 電話にてご予約承ります 平日・土曜日 9:00 - 12:00 14:00 - 17:00
  • 認知症では、忘れてしまった事すら忘れてしまうため自身で物忘れ症状を自覚できない場合もあり、家族や周囲の方々からの情報提供も診療の上で必要となります。そのため、当院ではご家族の方の診察への付き添いをお願いしています。